読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼女が夢を叶えた理由

LA在住の音楽ライターが夢実現のヒントを綴ります

アレッシア・カーラ

f:id:MihoLAnd:20170208094749j:plain


本日、私の超、超、超一押しのカナダの女性シンガーが、
日本でデビュー・アルバムを発表します。
彼女の名前は、アレッシア・カーラ。
アルバムのタイトルは『ノウ・イット・オール』(全米アルバム・チャート9位記録)。
もし今まで洋楽を一度も聞いたことがない人に、
「今おすすめのアルバムを一枚だけ教えて」と言われたら、これです。

これ、ものすっごいデビュー盤です。
私はジャンルを問わず音楽を聞いていますが、
一番好きなのは生のヴォーカル。人の声です。
だからヴォーカルが入っていないクラシックとかEDMは自分からは好んで聞かない。
そして、どんなジャンルでも、
「声」とその声が歌っている(あるいはラップする)「ストーリー」に惹かれます。

アレッシアは現在20歳ですが、約2年前にデビュー曲「ヒア」を聞いた時、
20代後半の黒人ジャズ・シンガーがやっとデビューしたのかと思うほど
声に成熟した深みと厚みと重みを感じました。
それがある日、TV番組に生出演して歌う姿を見たら、
まだ18歳の女の子。しかも見るからにスッピンでかわいい!!
そんな少女がもの凄い声でパフォーマンスしていて、完全にやられました。

好きな女性アーティストは正直数えきれないぐらいいるけれど、
声とパフォーマンスに度肝を抜かれたアーティストは、クリスティーナ・アギレラ以来でした。
信じられないほど歌が上手いだけじゃなくて、彼女が持つ強さと弱さが、声からほとばしってる。
だからリアルで、すごく生々しくて、ハートを直撃する。
彼女はもともとすごくシャイで、お母さんの前で歌うことすら恥ずかしかったのに勇気を出してyoutubeに曲をアップし始めたのだそう。

「ヒア」がヒットしたのは
その歌声の素晴らしさだけでなく、歌詞に込められたストーリーに共感する
地味な女の子達が沢山いたからだと思います。
アメリカでもリア充ってやっぱりあって、
特にネット世代の若者達にとって、
キラキラしてない人気者じゃない子たちって生きづらいんじゃないかと思ってたんだけど、
そんな時にリア充系のキッズが集まるホームパーティで
「私、マジでここ(ヒア)に用はないわ
友達がいるから会いにきただけ
でも正直、家でひとりでいる方がマシ」
とぶちまけた「ヒア」は、すごくリアルだった。
ティーンじゃないけど
アメリカのパーティーでいつも居心地悪くて隅に立っているシャイな私にも、
すごく共感できる曲だった。

「すごく好き!」と思っていた矢先、2015年の12月に
ロサンゼルスのエルレイ・シアターでライヴがあって
観に行った時の写真が上の写真です。ライヴがこれまたすごかった。
CDで聞ける声よりも上手くて、鳥肌ものでした。

そして、彼女をもっと好きにならずにいられなくなったのが、
セカンド・シングルの「スカーズ・トゥー・ユア・ビューティフル」。
これは「ヒア」よりもメッセージ性が強い曲なんだけど、
いつもスッピンで自然体でいる彼女の想いが詰まった曲。

綺麗になりたくて、皆に羨ましがられたくて、
自分を変えようと必至になっている女の子に、
アレッシアはこう歌うんです。

あなたはありのままで美しいんだって分かって
どこも変える必要なんかないんだって
この世界が心を入れ替えればいいの
あなたの美しさに傷は一つもない、私達は輝く星で、誰もが美しい
(意訳です)

訳してるだけで泣けてくるよ……。

この曲がラジオで流れ始めたのは昨年の7月末だったのですが
長い間ずーっと息の長いヒットを続けて、
遂に今年の2月3日、KISS FMのアメリカン・トップ40で1位を達成しました!
全米シングル・チャートでも10位を記録しています。
じわじわと人気が上昇していったのは、歌の力ももちろんだけれど
彼女の歌う「ストーリー」の力が、他の人には出せない魅力を持っているからだと思う。

最近では最新ディズニー・アニメ映画「モアナと伝説の海」のエンディング曲、
「ハウ・ファー・アイル・ゴー」を歌っていることが話題で、
この曲は第89回アカデミー賞で「主題歌賞」にノミネートされています。

『ノウ・イット・オール』はアメリカでは2015年に11月に出ているので、
それから1年以上かけての日本デビュー。
これからは日本でもビッグになって欲しい。
彼女の声が、一人でも多くの女の子達に届いて欲しい。もちろん、男の子達にも。
ぜひ、アルバムを通して聞いてみて下さいね。全曲すごいから。

 

Dreaming is Living!

Never stop dreaming if you are lucky enough to have one

 

ブルーノ・マーズ

f:id:MihoLAnd:20161230063300j:plain


貴重な読者のみなさま、ごめんなさい。
何ヶ月もさぼりまくってとうとう年末になってしまいましたが、元気です!


実はブリトニーのブログ記事を書いた後、
なんとブリトニーのラスベガス公演のレポートのお仕事をいただき
ミート&グリートで一瞬でしたがブリちゃんに会うことができました。


そこで「今年の運は全部使い果たしたな」と思ったのですが
その後もブルーノ・マーズ、ペンタトニックスなどなど
大好きなアーティスト達の新作の取材をさせていただいて、最高の一年でした。

冬休み中にさぼっちゃった分を少しずつアップしていきますね。

今年最後の記事は、現在最新作『24K・マジック』がバカ売れ中の
ブルーノ・マーズです。
この新作、来年1月7日付のビルボード・アルバムチャートでペンタトニックスのクリスマス・アルバムに次いで2位。
来週は確実に1位になる気がします。

アルバム・タイトルにもなったファースト・シングル「24K・マジック」が
マーク・ロンソンと組んだメガヒット曲「アップタウン・ファンク」に匹敵する名曲であることが、アルバムの成功にも繋がったのだと思いますが、
9曲入りで、全曲名曲です。
間違いなくブルーノの最高傑作で、かつ音楽史に残る一枚。
特に90年代のブラック・ミュージックのファンだったら、泣いちゃうぐらいのアルバムだと思います。

9月末、この新作が完成する直前に上の写真の『INROCK』12月号用の独占取材を
アルバムがレコーディングされたスタジオでさせていただきました。
スタジオで8曲聞いたのですが、あまりの素晴らしさと、
プリンスの全盛期のような最高のファンクが織り交ぜられていることで
プリンスのことを思い出したのとで、聞きながら涙を堪えるのが大変でした。

ブルーノのコンサートを観たことがある人は知っていると思いますが
彼は本当に面白くて、頭が良くて、歌も踊りも世界トップレベルのエンターテイナー。
洋楽ファンでなくても、あるいは音楽のファンでなくても、
彼のショウは人生で一度は見ておく価値があると私は思います。それぐらい凄いです。

取材中もアカペラで「上を向いて歩こう」を歌ってくれたり、ジョークを飛ばしてくれたりとサービス精神旺盛だったのですが、成功について、とても大事なことを教えてくれました。

「何をやるにしても、忍耐は必要だよ。近道なんてない。
宝くじでも当てない限りね。でも、宝くじに当選するなんて、10億人に一人とかだよ。
どんな職業にも近道はないんだ。それを上手くこなすためには、努力しなきゃならない。だから、苦労はつきものなんだよ。

もし君が苦労をしていないとしたら、どこにも辿り着くことはないよ」

この新作の制作時、彼は自分が本当にいいと思える出来になるまで
1曲につき50回は書き直したそうです。
これまでの「ロックド・アウト・オブ・ヘヴン」や「アップタウン・ファンク」といったヒット曲も、同じようにものすごく時間をかけたと言っていました。


「あれほど沢山の人達に届く曲を作るのは、難しいことなんだ。作るのが楽だったら、
あれだけの反響は得られなかったよ」

大成功している人達を見ると、人は「その成功を収めた術」を見習って自分もそれぐらい成功したい、と思ってしまいがちではないでしょうか。

でも、本当に成功する法則は、「努力と苦労があってのもの」。

こんなブログをやっているぐらいなんで、私は苦労とかど根性とか努力とかがあまり好きな言葉ではないのであえて「行動」という言葉に置き換えますが、
本当に成功している人は、

その裏で他の人達の何倍も何十倍も何百倍も「行動」している。


夢を思い描いた後は、とにかく行動。


これは揺るぎのない事実だろうと思うし、
その好例がブルーノ・マーズの『24K・マジック』だと思います。

ホリデーシーズンにぴったりのゴージャスなアルバムなので、
今年一年頑張った自分へのご褒美に、聞いてみて下さいね。

Dreaming is Living!
I hope you all have a Happy New Year

ブリトニー・スピアーズ完全復活! 最新作『グローリー』発売

f:id:MihoLAnd:20160831170639j:plain

みなさま、お久しぶりです。ブログをさぼって夏休みを満喫していたのですが、気づいたら8月最終日ですー!

さぼってる間にアメリカでは先日、ブリちゃんの3年ぶりの新作『グローリー』が

発表になりました(日本盤は9月14日発売)。

「栄華」、「栄光」という意味のキラメキのタイトルがついてますが、ブリトニーの完全復活を告げる大傑作になってます。

 

前作『ブリトニー・ジーン』を発表後、ブリトニーは3年間に渡ってラスベガスのプラネット・ハリウッド・ホテルの劇場を自分のものにしてコンサートを行ってきたのですが、ツアーという形ではなく一ヶ所に留まってショウを続けて来ただけあって、

今のブリちゃんはものすごく自分を磨き上げてて、進化してる。

ブリトニー・スピアーズ - 彼女が夢を叶えた理由

 

G-Eazyをフィーチャーした「メイク・ミー……」が発表になった後、

毎週土曜日にオンエアされているKISS FMの“アメリカン・トップ40”の

電話取材に応じたブリちゃんは、

「前からやりたかったことなんだけど、今回のアルバムではよりアーバン(ブラック

・ミュージックのこと)な音楽にもトライしたの」と嬉しそうに語ってました。

 

昨晩行われた「MTVヴィデオ・ミュージック・アウォード」では

見事に引き締まったボディと、3年前よりもキレのあるダンスをみせてくれました。

 


Britney Spears - Make Me... / Me, Myself & I (Live from the 2016 MTV VMAs) ft. G-Eazy

ブリトニー、まだアルバム出してるの!?とか思った人もいるかもしれませんが

ブリトニーの第二の黄金期は、今だと私は確信してます。

しかも若い頃の若さゆえの輝きやカリスマ性じゃなくて

彼女がここまで頑張って生き抜いて来たからこその輝きがこのアルバムにはある。

 

だから、ぜひ聞いてね☆

 

 

Dreaming is Living!

 

三宅洋平 選挙フェス

 先月末から、三宅洋平の選挙フェスにずっぱまりで、

ブログを書く時間が全く取れませんでした。みなさん、ごめんなさい。

 でも三宅洋平のおかげで、プリンスが亡くなった喪失感がどこかにふっとんでしまいました。

 NHKが俺を報道しないなら、ANTA(あんた)メデイアで!

と彼が痺れる名言を叫んでいたので、あんたメディアのはしくれとして

ここで取り上げます。

 

 私が彼の選挙フェスにはまったのは、たまたま誰かのフェイスブック上に

出ていた選挙演説の映像をクリックしたから。

 それまでは選挙に、ほぼ全く興味がありませんでした。

 

 これまで仕事で数えきれないほどの音楽フェスに行って、

20年前のフジロックレッチリを豪雨の中で命の危険を感じながら見たり、

1999年のウッドストックで、

観客が火をつけてバカ騒ぎするのを目撃したりしてきましたが、

この選挙フェスほど、感動して泣いたフェスはないんです。

 

 私が三宅洋平を支持する理由。

 それは

 彼が究極のDREAMER(夢見る人)だから

 

 夢を見るなら、彼ぐらい熱く夢を見るべきなんだって

そして彼ぐらい本気で動くべきなんだって

本当にものすごく久々に、自分も熱くなってる。


三宅洋平&山本太郎 渋谷ハチ公前 選挙フェス 東京都選挙区 参議院選挙2016 07 02

 だから、見て下さい。どの演説でもいいです。見て下さい。

 東京都民でなくても、日本にいなくても、このフェスが終わる前に。

 

Dreaming  is Living!

 

 

 

 

 

 

プリンス part 2

f:id:MihoLAnd:20160605044619j:plain

プリンスの死因がはっきりするまで何も書かないでおこうと思っていた。

というか、書く気にもなれなかった。

アメリカのメディアはホイットニー・ヒューストンの時と同じように

オーバードーズ」で片付けてしまっているけれど

本当に報道すべきなのは

過剰摂取で死に至る量の薬物をその危険性を知りながら渡した医師と薬剤師の罪であり

中毒になる薬を患者に与え続けるこの国の医療の大罪であると私は思っている。

 

プリンスはアメリカの国宝のような存在だった。

 

それに気づいたのは、皮肉にも

彼が亡くなった後の報道とこの国の各都市でのファンの様子を見たからだった。

ロサンゼルスでは、彼の死後しばらくたった5月6日に

市を挙げて追悼コンサートが行われた。

 

ロサンゼルスのダウンタウンにあるロサンゼルス市庁舎は、

プリンスが“ダイアモンズ&パールズ”という名曲のPVを撮影した場所。

彼が亡くなった日の夜はこの市庁舎が紫色にライトアップされていたのだが、

この日は市長の許可で、午後5時から9時まで無料のコンサートが行われたのだ。

 市庁舎前の仮設ステージに

ザ・タイム、フェイス・エヴァンス、アロー・ブラック、エリック・ベネイらが登場して

1、2曲ずつプリンスの曲を歌い、

その合間にDJがプリンスの曲を流してみんながそれに合わせて歌いながら踊る。

 集まっていた数千人のうち8割はパープルを身につけていて、

これをプリンスが天からみたら、さぞかし嬉しいだろうなと思った。

 でも、生きている間に見られたら、もっともっと嬉しかっただろう。

 

 最後に登場して、それまでに出た出演者達も交えて歌ったのは

プリンスと仲の良かったスティーヴィー・ワンダー

「なんと素晴らしい人生と音楽を、彼は私達に与えてくれたことでしょう。

彼から私達が学べることはただ一つ、それは真にお互いを愛することだと思います」

 


Prince & The New Power Generation - Diamonds And Pearls (Video 1991)

 

 “ダイアモンズ・アンド・パールズ”は私が本当にプリンスにはまるきっかけになった大好きな曲で、プリンス&ザ・ニュー・パワー・ジェネレーション『ダイアモンズ・アンド・パールズ』(1991年)が今でも一番好きなアルバムだ。

でも、はまっていた当時は英語が聞き取れなかったので、あまり歌詞を理解していなかった。

改めて聞き返してみて、すごいことに気づいた。

 

If I gave U Diamond and Pearls,

Would U be a happy boy or a girl

(僕が君にダイアモンドと真珠をあげたら、

君はハッピーな男性、それともハッピーな女性になる?)

 

曲はこの後、(僕が君にこの世界をあげられたら…でも僕が差し出せるのは、この愛だけなんだ)

と続くのだけれど、

私はここに「ボーイ」が入っていることを知らなかった。

 

プリンスは、ほんとうに皆を愛していたのだと思う。

彼は私のことを知らないけれど、プリンスにはたくさんのたくさんの愛をもらった。

ありがとう。プリンス。

 

 

私がこのブログで叶えたいこと

f:id:MihoLAnd:20160502042913j:plain

このブログを始めてから、丸1年経ちました。

1年で29記事。ブログにしてはかなり少ないよね……。

でも読者のみなさんと友人達の応援のおかげでなんとか続きました。

本当にありがとうございます。

1周年ということで、今日は私がなぜこのブログをやっているのかについて

書きたいと思います。

(初めての方は、「はじめまして」も読んでいただけると嬉しいです)

はじめまして - 彼女が夢を叶えた理由

 

洋楽ライターとしての危機感は、ここ10年ぐらいずっと持ち続けています。

この10年間で、洋楽雑誌のみならず雑誌そのものが次々と廃刊になったからです。

でも、雑誌はなくなってもオンライン上でエンターテイメント情報を発信しているメディアは沢山あるし、「書く場所がないから仕事がない」というのは言い訳にすぎないんだよね。

だって書く場所はあるんだから。ブログだってそう。書きたければ、簡単に情報が発信できる時代になった。

でも他の雑誌もそうなのだけれど、記事を書いても原稿料が発生しなければ、ライターは食べて行けません。

雑誌の原稿料は、その雑誌社からいただくのだけれど、旧来のメディア運営は基本的に広告費で成り立っているものなので、洋楽雑誌の場合は主にレコード会社やレコード店が広告掲載料を払うことで成り立っていたんです。

 

でも、CDが売れない時代、その中でも洋楽が売れない時代になって、レコード店も減り、雑誌も減り、広告料を使って雑誌という媒体でプロモーションをするというやり方が通用しなくなってしまったんですね。

それで現在は雑誌よりも、TV用の取材の通訳が主な仕事になっています。

 

でもTVに出られるアーティストというのは、すでに日本で人気があったり、欧米でに大人気になっている新人だけ。他のアーティストは紹介されることもなく終わってしまう。

これまでは欧米の音楽も、邦楽と同じぐらいとまではいかなくてもメディアを通じて日本の社会に流されて行くという「循環」ができていたのに、その流れが止まってしまったんですね。

 

流れが止まると、どうなるか。

まず、お金の流れがなくなる。

そして次に、文化の循環が止まる。

 

せっかくインターネットで世界中が繋がって、世界中の文化や情報を一瞬で得られる世の中になったのに、なぜか洋楽業界だけは停滞。

 

もともと洋楽っていうのは邦楽よりもリスナー数が少なかったし、

「いい邦楽がどんどん出て来ているんだから洋楽は聞かなくてもいい」

「そもそも英語の歌に興味ない」

と言う人達も多いと思う。

 

でも、洋楽には邦楽とはまた別の良さがあって、その別の良さというのは

触れたことがない人には分からないもの。

「別のもの」を「異質のもの」に置き換えることもできる。

そして異質のもの、新しいもの、ユニークなものに触れて、

インスパイアされる時、

新しい感情や、感性や、感覚が、自分の中に芽生えるのです。

 

たとえば今、世界的にも成功を収めているONE OK ROCKきゃりーぱみゅぱみゅは、洋楽から得たインスピレーションを、日本人にしかできないやり方で表現する音楽を作ってる。

それは、「洋楽という文化の循環」がきちんと機能していた時代に彼らと彼女が育ったからだと私は思うのです。

 

でもその循環がなくなったら?

 

完全になくなるわけではないと思う。さっきも書いたけど、インターネット上では全てが循環しているのだから、求めようと思えば洋楽はいくらでも聞ける。しかも無料でも聞ける。

 

私は洋楽を循環させたい。

 

ブログを始めた1年前は、これは夢を実現するためのヒントを書くブログで、このブログを見たことがきっかけで、一人でも多くの人が洋楽の中にも好きな音楽を見つけてくれたらいいなという思いだったのだけれど、

最終的に目指すところは、たぶんそれなんだと思う。

 

なんでそんなことがしたいのかっていうと

洋楽が大好きだから、それに尽きると思う。

 

なぜ洋楽が大好きなのか、はまた別の機会に書きますね。

 

Dreaming is Living!

これからも宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルーカス・グラハム

f:id:MihoLAnd:20160430142402j:plain

まだプリンスがこの世界にいないということになじめずに、

なんとなく日々をやりすごしているのだけれど

どうしても4月中に紹介しておきたかった新人の記事を書こうと思う。

 

ルーカス・グラハム。

北欧デンマークですでにトップクラスのスターになっている新バンドだ。

その人気がデンマークからヨーロッパに飛び火し、

昨年冬頃からアメリカでも「7イヤーズ」というシングル曲がラジオでヒットを始め、

ついに今年の4月、世界デビュー。

4月20日、日本でもアルバム『ルーカス・グラハム』が発表になった。

このアルバムは全英チャート2位、全米チャート3位を記録している。

まず、この曲聞いて下さい。

 


Lukas Graham - 7 Years [OFFICIAL MUSIC VIDEO]

これではまらない人は他の曲にもはまらないかもしれないけれど、

アルバムの音楽性はこういうしっとりとした曲だけでなく、

パーティ・ソングから一緒に大合唱できる曲まで実に様々で、

そのどれもが信じられないほど素晴らしい。

そしてサウンドだけでも充分に驚異的なのに、

このバンドの魅力はルーカスの歌詞を読むとさらに倍増します。

 

「僕が7歳だった頃…」と始まる「7イヤーズ」は、

このバンドのマネージャー的な存在だったルーカスの父親が61歳で亡くなってしまい、

その悲しみからルーカスが暴飲暴食の生活になってツアー中止にまで至った経験を乗り越えた後

レコーディング・スタジオに入って初めて書いた曲。

だから途中で「僕もいつか60歳になる」という歌詞が出て来るのです。

この曲に限らず、アルバム『ルーカス・グラハム』の大半の曲が、

ルーカスのお父さんとの別れにインスパイアされて誕生しています。

そこで繰り返し伝えられるメッセージは

家族がいかに大切なものであるか

ということ。

 

アルバムの曲を聴いていると

彼がどんなに愛に溢れた家庭で育ったかが伝わってきて胸が熱くなると同時に、

このまっすぐで純粋な気持ちを綴ったメッセージが、

今、彼らの音楽が世界中の人達に愛されている理由の一つなのだろうとも思います。 

 

 

デンマークの少年合唱団に所属していていたルーカスのいまだに少年のような美しい歌声とヒップホップに影響を受けたリズミカルでユニークな歌詞、

そして子供の頃から音楽をやっているベーシスト、ドラマー、キーボーディストの3人が繰り出す最高に気持ちのいいバンドサウンド。

はっきり言って、彼ら今年の一押しです。

というかここ数年の間に出て来た新人の中で、一番凄いポップ・ミュージックをやっていると思う。革新的と言ってもいいぐらい。

ルックスは正直垢抜けてないし、アイドルっぽくないのだけれど、

本国ではコンサート会場の前の方を埋め尽くしているのは10代前半のキッズだそう。

先日サンフランシスコで取材をしてコンサートを観て来たのですが、ライヴも桁外れに上手く、

ラストはあまりの素晴らしさに涙しました。

 

 地元コペンハーゲンでは2件のレストランを共同経営し、母親に家を買ってあげて、

「もう買いたいものなんかないんだ」と言えるほど成功しているルーカス。

このバンドで叶えたい夢は?

 

「一番のゴールは物語を伝えることだと思う。目標についてはバンドで沢山話し合ってるんだ。

結局、大事なのはナンバー1ソングでも何かの賞でも金や名声でもなくて、人々の前でパフォーマンスをすることなんだ。そこで得られる喜び、人々と繋がる感覚は、とにかく驚異的なんだよ。言葉では説明できないくらいね」

f:id:MihoLAnd:20160430143705j:plain

 

博識なルーカスは日本についてもすでに色々知っていましたが、日本でショウをやることも今の夢だそうで、「ずっと生きたいと思ってた国に、仕事で行けることになるなんて最高だよね! 本当に早く行きたいんだ!」とかなり興奮気味に語ってくれました。近々来日公演が実現することを願っています。

 

ちなみにやたらと熱いCD解説を書きましたので、気に入ったら日本盤の『ルーカス・グラハム』を購入していただけると嬉しいです!

歌詞が肝なので、英語の歌詞と対訳を照らし合わせつつじっくり味わって欲しい超名盤です。

 

ルーカス・グラハム

ルーカス・グラハム

 

 

 

 

Dreaming is Living!

Enjoy your Golden Week!!