読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼女が夢を叶えた理由

LA在住の音楽ライターが夢実現のヒントを綴ります

ペンタトニックスの最新作『ペンタトニックス』本日世界同時発売!

といっても日本の方が1日早いから、アメリカではまだ発売されてないんだけど。
すでに一度ご紹介したアメリカのアカペラ・グループ、ペンタトニックスが、
10月16日、初のオリジナル・アルバム『ペンタトニックス』をリリースしました。

驚異的なアカペラをやる彼らのオリジナル曲がメインのアルバムは、

驚異的という言葉では足りないぐらいの傑作です。
昨年末の彼らのクリスマス・アルバム『That's Christmas to Me』は
全米アルバム・チャートで2位だったので、最新作も来週のチャート結果が楽しみ。

ラジオよりもYouTubeで世界的にヒット曲を連発してきた彼らですが、
オリジナル曲のファースト・シングル「キャント・スリープ・ラヴ」のPVは
公開後1日で91万回を超える再生回数を突破、現在は580万回を超えています。

 

f:id:MihoLAnd:20151016084524j:plain

この『ペンタトニックス』のプロモーションで、再びLAで取材が行われました。写真はその取材の写真撮影時(左からアヴィ、カースティ、スコット、ミッチ、ケヴィン)。
取材の合間にちょっとカースティと雑談できたのですが
今年6月に日本ツアーで来日した時の裏話。
カースティが秋葉原に行って、キュートなアニメグッズとかがあるお店かと思ってある場所に入ったら、
「セクシーな女の人がいて、お客は男性ばっかりだったのー!!
女性は私達(カースティーとおそらく同行したお母さん)だけで、きゃー!!どうしよー!!!って」
手をパタパタさせながら、その時の慌てぶりを見せてくれました。

「もっと、キッズが行くようなキディランドみたいなお店を探してたのよー。秋葉原にはないの?」
いや、たぶんないよね……。
その男の客のみだった怪しい店がなんだったのかも分からないけど……
それはそれは驚いたでしょうね。慌てぶりが可愛かったです。


ペンタトニックスが日本デビュー当時に教えてくれた
アカペラ・グループとしてだけでなく、革新的な音楽をやっているグループとして知られたい」という夢は、
間違いなく『ペンタトニックス』で達成されると思います。
彼らの次なる夢は、「ラジオでヒット曲を出すこと」だそうです。
11月に彼らが日本にプロモーション来日する頃
日本のラジオで「キャント・スリープ・ラヴ」か新シングルが、かかりまくっているといいですね。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

Dreaming is Living!!

Have Happy October